LIVE

[あ]から[ん]の50音順で気になる事を書こう!と言うコラム。anoaが選ぶ言葉は何でしょう?

 る:ルーツ
音楽をしていると、そのルーツと言うものを聞かれる事がある。


私の場合は、幼い頃に習ったピアノだろうと思う。
その時の先生が今のアノアを作ったと言っても過言ではないくらいだ。クラシックも弾いてはいたけど、その他に歌謡曲の弾き語りもしていた。曲は先生も好きだった事もあり、チェッカーズや松田聖子が主だった。
チェッカーズに関しては、小学生の頃からコンサートにも通っていたし、それはバンドが解散するまで続いた。なので青春時代ってヤツはチェッカーズ一筋であり、他の音楽をそんなに聴いた事がなかった。
チェッカーズ時代が終わり、音楽の専門学校に入ってから、洋楽など、人からいろいろ薦めてもらい聴くようになり、絶対無理と思っていたパンクも好きになったし、今、大好きなビョークにも出会うようになる。

「好きなピアノの弾き語りの人は誰?」とも聞かれるが、矢野顕子さんなど、ピアノ 弾き語りの方々を知ったのは、すでに自分が弾き語りでライブをするようになってからの話である。

それから。。ジャズやブルースっぽいと言われる事もよくあるけど、これに関しては今だにあんまり曲や人も知らない。だけど、そんな要素があるのは、おそらく父親が大のジャズ好きで、私が物心つく前から(お腹にいる時からかな?)家にはジャズが 流れていた為だろうと思う。
私の子守り唄は「song for my father」と言う曲で、まだ言葉も話せない頃に、自分からレコードをかけてもらうのをねだったようだ。そんな話を親から聞く前に、この曲を初めて聴いた(と思った)時、好きと感じた。きっと、記憶はなくても体に染み込んでいるものなのかもしれない。
。 。。と言う訳で、これもルーツの一つではないかと思う。

ジャズとピアノと歌謡曲。 これがアノアの音楽のルーツでしょう。
▲page-top